大迫研究
[最終更新日:2012年9月21日]
地域紹介
岩手県・大迫町
■人口
岩手県花巻市大迫町 6,762人(2005年12月末日)

■年齢構成
平均年齢50.7歳(平成17年)

■地域の特徴
大迫町(おおはさままち、面積246.84km2)は、岩手県の中央の位置する稗貫郡(ひえぬきぐん)に所在していた町である。2006年1月1日に、花巻市・石鳥谷町・東和町と合併し、新・花巻市となった。重要無形民族文化財の早池峰神楽と地元産のエーデルワインが有名であり、神楽とワインの里として知られている。

・花巻市ホームページ
http://www.city.hanamaki.iwate.jp/
早池峰山の清流
早池峰山の清流
大迫町全体
大迫町全体
特産のぶどう
特産のぶどう
コホート概要
■歴史
大迫研究は、1986年に開始された、岩手県大迫町(現:花巻市)の一般住民を対象とした高血圧・循環器疾患に関する長期前向きコホート研究である。

24時間自由行動下血圧と家庭血圧(家庭における自己測定血圧)を用いた世界初の住民ベースの疫学研究である。

■調査項目
身長、体重、問診、家庭血圧、24時間自由行動下血圧、高血圧・臓器障害の関連遺伝子の検索、糖負荷試験、血中インスリン、頭部MRI、頚動脈エコー、脈派伝搬速度、認知機能検査、ADL、生活習慣調査

■主な成果(いずれもPubmedへリンク)
・Kanno A, Kikuya M, Ohkubo T, Hashimoto T, Satoh M, Hirose T, Obara T, Metoki H, Inoue R, Asayama K, Shishido Y, Hoshi H, Nakayama M, Totsune K, Satoh H, Sato H, Imai Y. Nephrol Dial Transplant. Pre-hypertension as a significant predictor of chronic kidney disease in a general population: the Ohasama Study.2012;27(8):3218-23.

・Hashimoto T, Kikuya M, Ohkubo T, Satoh M, Metoki H, Inoue R, Asayama K, Kanno A, Obara T, Hirose T, Hara A, Hoshi H, Totsune K, Satoh H, Sato H, Imai Y. Home blood pressure level, blood pressure variability, smoking, and stroke risk in Japanese men: the ohasama study.Am J Hypertens. 2012;25(8):883-91.

・Hara A, Tanaka K, Ohkubo T, Kondo T, Kikuya M, Metoki H, Hashimoto T, Satoh M, Inoue R, Asayama K, Obara T, Hirose T, Izumi S, Satoh H, Imai Y. Ambulatory versus home versus clinic blood pressure: the association with subclinical cerebrovascular diseases: the Ohasama Study.Hypertension. 2012;59(1):22-8.

・Inoue R, Ohkubo T, Kikuya M, Metoki H, Asayama K, Kanno A, Obara T, Hirose T, Hara A, Hoshi H, Totsune K, Satoh H, Kondo Y, Imai Y. Predictive value for mortality of the double product at rest obtained by home blood pressure measurement: the Ohasama study.Am J Hypertens. 2012;25(5):568-75.

・Satoh M, Kikuya M, Ohkubo T, Mori T, Metoki H, Hashimoto T, Hara A, Utsugi MT, Hirose T, Obara T, Inoue R, Asayama K, Kanno A, Totsune K, Hoshi H, Satoh H, Imai Y.Aldosterone-to-renin ratio and nocturnal blood pressure decline in a general population: the Ohasama study.J Hypertens. 2011;29(10):1940-7.

・Kikuya M, Ohkubo T, Satoh M, Hashimoto T, Hirose T, Metoki H, Obara T, Inoue R, Asayama K, Hoshi H, Totsune K, Satoh H, Staessen JA, Imai Y.Prognostic significance of home arterial stiffness index derived from self-measurement of blood pressure: the Ohasama Study.Am J Hypertens. 2012;25(1):67-73.

・Hirose T, Hashimoto M, Totsune K, Metoki H, Hara A, Satoh M, Kikuya M, Ohkubo T, Asayama K, Kondo T, Kamide K, Katsuya T, Ogihara T, Izumi S, Rakugi H, Takahashi K, Imai Y.Association of (pro)renin receptor gene polymorphisms with lacunar infarction and left ventricular hypertrophy in Japanese women: the Ohasama study. Hypertens Res. 2011;34(4):530-5.

■研究の特徴
大迫研究では、24時間自由行動下血圧を40歳以上の約1,500人へ測定し、また、家庭血圧(早朝起床後1時間以内毎朝一回、平均3週間)を40歳以上の約2,000人に測定した。その研究結果は世界的に認められ、1997年米国合同委員会勧告、1999年WHO/ISH高血圧ガイドライン、2003年ESH/ESC高血圧ガイドラインにおける、家庭血圧、自由行動下血圧の臨床的意義に関する記述の一部に引用された。

その他にも、血圧の短期変動性や日内変動、高血圧のコントロール状況、白衣効果等に関する知見も数多く発表している。

頚動脈エコー
頚動脈エコー
歯科検診
歯科検診
・東北大学大学院 薬学研究科 医薬開発構想寄附講座ホームページ
 http://www.cpt.med.tohoku.ac.jp/
>>コホート一覧に戻る