岩手県北地域コホート
[最終更新日:2008年6月19日]
地域紹介
■人口
岩手県3保健医療圏(宮古・久慈・二戸) 228,435人(2006年10月1日現在)

■年齢構成
岩手県全体:平均年齢45.4歳(平成17年)

■地域の特徴
宮古・久慈・二戸の3保健医療圏(総面積4849.48km2、東京都の2.3倍の広さ)は岩手県の北部から東部の地域である。沿岸部の宮古市より北は、典型的な隆起海岸で海食崖や海岸段丘が発達しており、一方、宮古市より南側は、陸地の沈降によってできたリアス式海岸である。海のそばまで急峻な山地が迫り、平野部が少ないのが特徴である。この3地域の第一次産業従事者割合は18.4%で、65歳以上の高齢者割合が26.2%であり(2000年人口動態統計、岩手県より)、典型的な農山村・漁村地帯と考えられる。

・岩手県庁ホームページ
http://www.pref.iwate.jp/
コホート概要
■歴史
岩手県北地域コホート研究は、岩手県北部の宮古・久慈・二戸の3 保健医療地区の住民約26,000名を対象に、脳卒中、心疾患をエンドポイントとする大規模なコホートである。実施には、岩手医科大学、岩手県、市町村、岩手県医師会、岩手県予防医学協会、基幹病院、国立循環器センター予防検診部が共同して行っている。ベースライン調査は平成14-16年度に実施され、生活習慣や健康診断の結果が循環器疾患発症や要介護状態にどのように影響を及ぼすかを明らかにする予定である。

■調査項目
問診、身長、体重、血圧、血液検査、尿検査、栄養調査、身体活動調査、心電図、要介護度

■主な成果(いずれもPubmedへリンク)
・Ohsawa M, Itai K, Onoda T, Tanno K, Sasaki S, Nakamura M, Ogawa A, Sakata K, Kawamura K, Kuribayashi T, Yoshida Y, Okayama A. Dietary intake of n-3 polyunsaturated fatty acids is inversely associated with CRP levels, especially among male smokers. Atherosclerosis. 2008 ;201:184-91.

・Ogawa M, Tanaka F, Onoda T, Ohsawa M, Itai K, Sakai T, Okayama A, Nakamura M, Northern Iwate Heart Disease Registry Consortium. A community based epidemiological and clinical study of hospitalization of patients with congestive heart failure in Northern Iwate, Japan. Circ J. 2007 ;71:455-9.

・Ohsawa M, Okayama A, Nakamura M, Onoda T, Kato K, Itai K, Yoshida Y, Ogawa A, Kawamura K, Hiramori K. CRP levels are elevated in smokers but unrelated to the number of cigarettes and are decreased by long-term smoking cessation in male smokers. Prev Med. 2005 ;41:651-6.

・Segawa T, Nakamura M, Itai K, Onoda T, Okayama A, Hiramori K. Plasma B-type natriuretic peptide levels and risk factors for congestive heart failure in a Japanese general population. Int Heart J. 2005 ;46:465-75.

・Nakamura M, Sakai T, Osawa M, Onoda T, Yonezawa S, Okayama A, Hiramori K. Comparison of positive cases for B-type natriuretic peptide and ECG testing for identification of precursor forms of heart failure in an elderly population. Int Heart J. 2005 ;46:477-87.

・Nakamura M, Onoda T, Itai K, Ohsawa M, Satou K, Sakai T, Segawa T, Sasaki J, Tonari Y, Hiramori K, Okayama A. Association between serum C-reactive protein levels and microalbuminuria: a population-based cross-sectional study in northern Iwate, Japan. Intern Med. 2004 ;43:919-25.

■研究の特徴
本研究は、岩手県および岩手県医師会の行う地域脳卒中発症登録事業および岩手県北の循環器科で構成する岩手県北心疾患発症登録協議会による地域発症登録と連携して対象者の脳卒中、心筋梗塞および心不全の罹患について追跡を行っている。登録精度を高めるため、診療録の確認作業を継続して実施し、対象地域のそれぞれの罹患率を明らかにしている。また、研究の対象となっている県北地域は、沿岸部や内陸部など気候や地形の異なる地域が含まれており、その違いと栄養調査などの検討も行われている。
>>コホート一覧に戻る