日高川町研究 Hidakagawa Study
[最終更新日:2009年4月17日]
地域紹介
■人口
和歌山県日高郡日高川町11,538人(2006年4月1日現在)

■年齢構成
平均年齢47.7歳(平成17年)

■地域の特徴
日高川町(ひだかがわちょう、面積331.61 km2)は、2005年5月に旧川辺村、旧中津村、旧美山村が合併してできた町である。和歌山県のほぼ中央部に位置し、その約9 割が林である。産業はみかんや梅などの農業や林業が主であり、紀州備長炭は生産量が日本一である。また、能・歌舞伎・浄瑠璃の演目として有名な「安珍・清姫伝説」で知られる道成寺(どうじょうじ)や、ホロホロ鳥を使って世界一長い焼き鳥に挑戦している町として有名である。


・日高川町ホームページ
http://www.town.hidakagawa.lg.jp/
コホート概要
■歴史
旧美山村、旧中津村は共に文部科学省の補助金によるJACC  Studyにも参加している。JACC Studyに参加することになったのは、当時の和歌山県立医科大学公衆衛生学教授の橋本勉先生が管轄の御坊保健所を兼務していたことに由来する。旧美山村、旧中津村はともに御坊市から東に山間に入ったところで、人口移動が比較的少ない。

■調査項目
身長、体重、問診、血圧、血液検査、身体活動調査、栄養調査を参加者全員に1095例に調査した。

■主な成果(いずれもPubmedにリンク)
・Yoshimura N, Kinoshita H, Takijiri T, Oka H, Muraki S, Mabuchi A, Kawaguchi H, Nakamura K, Nakamura T. Association between height loss and bone loss, cumulative incidence of vertebral fractures and future quality of life: the Miyama study. Osteoporos Int. 2008 ;19:21-8.

・Oka H, Yoshimura N, Kinoshita H, Saiga A, Kawaguchi H, Nakamura K. Decreased activities of daily living and associations with bone loss among aged residents in a rural Japanese community: the Miyama Study. J Bone Miner Metab. 2006 ;24:307-13.

・Yoshimura N, Takijiri T, Kinoshita H, Danjoh S, Kasamatsu T, Morioka S, Sakata K, Hashimoto T, Takeshita T. Characteristics and course of bone mineral densities among fast bone losers in a rural Japanese community: the Miyama Study. Osteoporos Int. 2004 ;15:139-44.

・Yoshimura N, Kinoshita H, Danjoh S, Takijiri T, Morioka S, Kasamatsu T, Sakata K, Hashimoto T. Bone loss at the lumbar spine and the proximal femur in a rural Japanese community, 1990-2000: the Miyama study. Osteoporos Int. 2002 ;13:803-8.

・Sakata K, Labarthe DR, Morioka S, Hashimoto T, Terada T. Relation of growth to serum total cholesterol, low density lipoprotein cholesterol, and triglyceride concentrations and their changes among fourth- and seventh-grade children in a Japanese community: The Hidaka Study, 1992-1995. CVD Prevention. 1999 ;2:230-9.

・Ueda A, Yoshimura N, Morioka S, Kasamatsu T, Kinoshita H, Hashimoto T. A population based study on factors related to bone mineral density in Wakayama Prefecture. Nippon Koshu Eisei Zasshi. 1996 ;43:50-61.


■研究の特徴
日高川町研究は、高齢者の多い山間地域の住民のコホート研究である。地域住民が受診する病院はほぼ地域の医療機関に限られており、発症者の追跡、死亡者の追跡、転出者の追跡がし易い環境がある。コホート研究に適した地域といえる。
本研究は、岩手医科大学、和歌山県立医科大学、御坊保健所の共同研究として位置づけられている。発症調査は御坊保健所と共同で地域の医療機関を回り全数の把握に努めている。
>>コホート一覧に戻る