KOPS (Kyushu Okinawa Population Study)
[最終更新日:2012年9月27日]
地域紹介
■人口
44,983人(2005現在)

■年齢構成
平均年齢 39.9歳(2005現在、石垣市内)
15歳未満:19.1%、15歳−64才:64.0%、65歳以上:16.9%

■地域の特徴
石垣市(いしがきし、面積223km2)は、那覇から411km、鹿児島から1,018km、東京から1,952km、台湾(台北市)から278kmの地点に位置し、石垣島と無人の尖閣諸島で構成される市である。北部の山岳部では亜熱帯の木々が茂り、南部の平野にはサトウキビ畑や牧草地が広がる。年間75万人以上の観光客が訪れ、昨今では人口の流出は抑えられ、逆に増加の傾向を示している。産業は自然的特性を活用した、農業、畜産業、水産業、観光業が中心である。

・石垣市役所ホームページ
http://www.city.ishigaki.okinawa.jp/

・石垣市健康福祉センター
http://www.city.ishigaki.okinawa.jp/120000/120300/index.htm
サザンゲートブリッジ付近
サザンゲートブリッジ付近
川平付近の洞窟
川平付近の洞窟
竹富町
竹富町
コホート概要
■歴史
沖縄県石垣と九州大学病院総合診療科の関係は、1978年からの疫学調査から始まっており、八重山地区におけるB型肝炎ウイルスおよびHTLV-Iの大規模な疫学調査は、八重山地区の公衆衛生の発展に貢献したことが評価され、2001年に第33回沖縄公衆衛生大会長賞の受賞となった。そして、2004年度KOPSコホート研究は、石垣市の全面的な協力を得て実施することができている。

■調査項目
328項目からなる生活習慣健康調査アンケート(既往歴、生活歴、家族歴、服薬調査、栄養調査、身体活動度調査など)、身長、体重、腹囲、臀囲、血圧、心電図、血液検査、血清ホモシスチン、尿検査、頚動脈エコー検査(平均IMT、最大IMT、プラーク数)

■主な成果(英語論文のみPubmedにリンク)
・Tatsukawa M, Sawayama Y, Maeda N, Okada K, Furusyo N, Kashiwagi S, Hayashi J. Carotid atherosclerosis and cardiovascular risk factors: a comparison of residents of a rural area of Okinawa with residents of a typical suburban area of Fukuoka, Japan. Atherosclerosis. 2004 ;172:337-43.

・古庄憲浩, 前田晋至, 大西八郎, 武岡宏明, 豊田一弘, 小川栄一, 大田黒滋, 村田昌之, 澤山泰典, 林 純. Population-based studyに基づいた生活習慣病における腹囲異常の検討. 2007年7月. 第39回日本動脈硬化学会総会.

・Ohnishi H, Sawayama Y, Furusyo N, Maeda S, Tokunaga S, Hayashi J. Risk factors for and the prevalence of peripheral arterial disease and its relationship to carotid atherosclerosis: The Kyushu and Okinawa Population Study (KOPS). J Atheroscler Thromb 30; 17: 751-758, 2010.

・Okada K, Furusyo N, Sawayama Y, Kanamoto Y, Murata M, Hayashi J. Prevalence and risk factors for diabetes: a ten year follow-up study of the Yaeyama district of Okinawa. Fukuoka Igaku Zasshi 101: 215-224, 2010.

・Furusyo N, Walaa AH, Eiraku K, Toyoda K, Ogawa E, Ikezaki H, Ihara T, Hayashi T, Kainuma M, Murata M, Hayashi J. Treatment for Eradication of Helicobacter pylori infection for chronic hepatitis C patients. Gut and Liver 5: 447-453, 2011.

・Furusyo N, Koga T, Ai M, Otokozawa S, Kohzuma T, Ikezaki H, Schaefer EJ, Hayashi J. Utility of glycated albumin for the diagnosis of diabetes mellitus in a Japanese population study: results from the Kyushu and Okinawa Population Study (KOPS). Diabetologia 54: 3028-3036, 2011.

・Okada K, Furusyo N, Murata M, Sawayama Y, Kainuma M, Hayashi J. A hypertriglyceridemic state increases high-sensitivity C-reactive protein of men with normal glucose tolerance. Endocrine 41: 96-102, 2012.

・Unno M, Furusyo N, Mukae H, Koga T, Eiraku K, Hayashi J. The utility of visceral fat level by bioelectrical impedance analysis in the screening of metabolic syndrome: The results of the Kyushu and Okinawa Population Study (KOPS). J Atheroscler Thromb 19:462-470, 2012.

・Toyoda K, Furusyo N, Ihara T, Ikezaki H, Urita Y, Hayashi J. Serum pepsinogen and Helicobacter pylori infection - A Japanese population study. Eur J Clin Microbiol Infect Dis 31: 2117-2112, 2012.

・Furusyo N, Koga T, Ai M, Otokozawa S, Kohzuma T, Ikezaki H, Schaefer EJ, Hayashi J. Plasma glycated albumin level and atherosclerosis: Results from the Kyushu and Okinawa Population Study (KOPS). Int J Cardiol 2012 (in press).

・Okada K, Furusyo N, Ogawa E, Ikezaki H, Ihara T, Hayashi T, Kainuma M, Murata M, Hayashi J. Association between chronic hepatitis C virus infection and high levels of circulating N-terminal pro-brain natriuretic peptide. Endocrine 2012 (in press).

・Furusyo N, Ihara T, Hayashi T, Ikezaki H, Toyoda K, Ogawa E, Okada K, Kainuma M, Murata M, Hayashi J. The serum undercarboxylated osteocalcin level in the Japanese population: Results from the Kyushu and Okinawa Population Study (KOPS). Endocrine 2012 (in press).

■研究の特徴
伊原間をのぞむ
伊原間をのぞむ
 本研究のコホート名であるコップス(KOPS)は、Kyushu Okinawa Population Studyの略であり、九州と沖縄の住民の健康管理するという気持ちで命名しているものである。

 2004年沖縄県石垣市の住民検診を受け、本研究に対して同意を得ることができた検診者を対象者としている(同意率96.9%)。

 現在、石垣市(健康福祉センター、八重山福祉保健所、沖縄県県立八重山病院および八重山地区医師会)と連携して、対象者の脳卒中、心筋梗塞、心不全および悪性疾患の罹患について追跡を随時行っている。さらに、登録精度を高めるため、定期的に当科医師を現地に派遣し、診療録の確認作業を実施し、それぞれの罹患率を明らかにしている。

 研究協力者(現地スタッフ)に対して、住民検診の結果と本研究で追加した調査結果について説明会を行っている。今後、検診参加者への結果説明会を実施し、更に、ベースラインの横断調査および追跡調査の成績を加えた解析による成果を順次公表する。
アンケート調査風景
アンケート調査風景
頚動脈エコー検査風景
頚動脈エコー検査風景
・九州大学病院総合診療科ホームページ
 http://www.med.kyushu-u.ac.jp/soshin/

・KOPSの組織
 主任研究者:林 純
 副任研究者:古庄 憲浩
>>コホート一覧に戻る