都内職域集団
[最終更新日:2009年1月16日]
職域紹介
3000人規模の職域で男性が約71%を占め、その年齢域は主に20歳後半から50歳前半である。職種は事務従事者が半数以上である。

職域である背景から予後追跡調査は困難で、高血圧発症、腎機能障害・血管障害進展の評価などソフトエンドポイントをアウトカムとして追跡研究が実施されている。
コホート概要
■歴史
従来の職域での定期的健康診査に2000年度より動脈硬化関連検査を追加する形式で継続的に実施されている。但し、2005年度は個人情報保護法の問題から調査は実施されなかった。

■調査項目
身長、体重、腹囲(2008年度より実施)、血液化学検査、上腕足首間脈波速度、高感度CRP(2002年度より実施)、脈波解析(2007年度より実施)

■主な成果(いずれもPubmedへリンク)
・Yoshida M, Tomiyama H, Yamada J, Koji Y, Shiina K, Nagata M, Yamashina A. Relationships among renal function loss within the normal to mildly impaired range, arterial stiffness, inflammation, and oxidative stress. Clin J Am Soc Nephrol. 2007 ;2:1118-24.

・Yambe M, Tomiyama H, Yamada J, Koji Y, Motobe K, Shiina K, Yamamoto Y, Yamashina A. Arterial stiffness and progression to hypertension in Japanese male subjects with high normal blood pressure. J Hypertens. 2007 ;25:87-93.

・Tomiyama H, Hashimoto H, Hirayama Y, Yambe M, Yamada J, Koji Y, Shiina K, Yamamoto Y, Yamashina A. Synergistic acceleration of arterial stiffening in the presence of raised blood pressure and raised plasma glucose. Hypertension. 2006 ;47:180-8.

・Yamada J, Tomiyama H, Yambe M, Koji Y, Motobe K, Shiina K, Yamamoto Y, Yamashina A. Elevated serum levels of alanine aminotransferase and gamma glutamyltransferase are markers of inflammation and oxidative stress independent of the metabolic syndrome. Atherosclerosis. 2006 ;189:198-205.

・Yambe M, Tomiyama H, Koji Y, Motobe K, Shiina K, Gulnisia Z, Yamamoto Y, Yamashina A. B-type natriuretic peptide and arterial stiffness in healthy Japanese men. Am J Hypertens. 2006 ;19:443-7.

・Tomiyama H, Koji Y, Yambe M, Motobe K, Shiina K, Gulnisa Z, Yamamoto Y, Yamashina A. Elevated C-reactive protein augments increased arterial stiffness in subjects with the metabolic syndrome. Hypertension. 2005 ;45:997-1003.

・Tomiyama H, Arai T, Koji Y, Yambe M, Hirayama Y, Yamamoto Y, Yamashina A. The relationship between high-sensitive C-reactive protein and pulse wave velocity in healthy Japanese men. Atherosclerosis. 2004 ;174:373-7.

■研究の特徴
本職域研究は動脈の硬さの指標である上腕—足首間脈波速度を経年的に測定を実施している職域である。本研究より1. メタボリック症候群では動脈の硬さが亢進していること、2.メタボリック症候群の改善は動脈の硬さを軽減すること、3.動脈の硬さの評価が境界域高血圧の高血圧の進展への予測指標であること、4.軽度腎機能障害例でも動脈の硬さが亢進しており心血管疾患発症のリスクとして作用すること、5.動脈の硬さ亢進には炎症が関与することなどが示された。
東京医科大学第二内科心・血管研究班にて本職域コホートの解析を担当しています。本研究班は血管障害関連指標(生理的・生化学的指標)の臨床指標としての有用性の確立を目指して活動を行っています。
>>コホート一覧に戻る